ハウスINハウスの断熱リフォーム

新築住宅では2020年から高断熱が義務化されますが、従来の家でその基準を満たしている家はわずか5%。
リフォームで新築同様の快適さを実現するには、内装・水まわりだけではなく、『断熱性能』の改善が必要です。

思い入れのある今の家を壊さず、生活に必要な部分だけ“新築品質”の快適空間をつくる。
それが家の中に家をつくる『ハウスINハウス』。独自開発のパネルにより短い工期、お手頃な価格を実現しました。

断熱

水まわり4点セット

断熱 水まわり4点セット

基本パック498万円(税別) ※建材の価格変動や地域により異なることがあります。
※照明器具や計画設計費用は含まれません。

『ハウスINハウス』ならでは、3つの特長

「断熱」は、あなたの「健康」につながります。

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。住宅の外部に面する壁・窓・屋根などから熱が逃げないように「断熱」してあるので冷暖房の効率もよく、省エネルギーで夏涼しく冬暖かい快適な住環境が実現できます。夏も冬も外気温の影響を受けにくく室内の温度差が少ないため、熱中症やヒートショックなどから家族を守ってくれます。

新築住宅では2020年から高断熱が義務化されますが、従来の家でその基準を満たしている家はわずか5%。リフォームで新築同様の快適さを実現するためには、多くの家では内装・水まわりだけではなく、断熱性能の改善が必要となるのです。

[断熱性能]

断熱性能

今ある約95%の住宅は
「次世代省エネ基準」を満たしていない
断熱が不十分な寒くて暑い家

出典:
国土交通省調べ(2012年)統計データ、
事業者アンケート等により推計

断熱性能が高い家は、こんなメリットがあります!